Entries Tagged as ''

はじめての練習場で困らないために

ゴルフに興昧を持ったら、さっそく練習場に行ってみましょう。

 

クラブを持っていない人でも、受付でレンタルしてくれるので、ポールを打つ気持ちよさを昧わうには最適です。

 

しかし、はじめて練習場に行くときは利用システムがわかす、とまどってしまうかもしれません。

 

そこで練習場に行く前に、システムを理解することで、無駄芯不安感を取り除いておきましょう。

 

とはいえ、最近の練習場はほとんどがブリペイドカード清算になっています。

 

最初にこれを自動販売機などで購入して受付に行き、打席を選ぶだけ芯ので、非常に簡単なんです。

 

1.プリベイドカード臆入
受付近くにカド販売機があるので、まずはカードを購入しよう。はじめてなら2∞o円のカードでも十分

 

2.チェックイン
受付で打席を決め、打席のナンバーカードを受け取る。最初は2階を借りると、地面の圧迫感がなく打てる

 

3.打席での準備
打席に入ったら機械にカードを挿入。すぐにボールが出てくるので、軽く準備運動をしてから打ち始めよう

 

4.チェックアウト
打ち終わったら、フロントにナンパカドを返却すればすへて終了

実はこれでスイング完成、打ってみましょう

ここで、これまでに紹介した感覚を踏まえてボールを打ってみましょう。

 

最初はティ打ち練習を活かして、ティにボールを乗せた(ティアップ)状態から打っとやりやすいでしょう。

 

クラブは片手、もしくはもう一方の手を軽く添えただけの両手持ちで構いません。

 

①後方かう打ちたい方向在確認
②ボールの前に立つ
③ジャンプで安定した立ち方をする
④フェースをまっすぐに合わせる
⑤下半身を折りたたんで高さを調節
⑥姿勢を維持したまま、ポルの位置まで歩いて移動
⑦ボールを意識せす、素振りと同じようにぶらーんスイング

 

何球か打つと「ボーン」と山なりの軌道を描いて、7番アイアンなう叩ヤードほど飛ぶと思います。じつはこのような軌道のボールを打てれば、スイングはすでに完成しているのです。

 

あとはクラブを大きく振るためのコツを覚えて、飛距離を伸ばすだけです。

 

慣れできたらスイングを徐々に大きくしよう

 

まっすぐ飛ばないときは、ぶらーんスイングで‘腕を振る感覚を磨いていけば、まっすぐ打てるようになります。

 

まっすく飛んだら、持ちやすいクリッフの握り方を覚え、より遠くへ飛ばすために振り幅を大きくしていけばいいだけです。

 

1.アドレスの入り方どおりに構える。ここでスレないように注意

2.ここでは速く振る必要はないので、ぷらんとゆったりを心力ずける

3.ティ打ちと同じく、たまたまスイングの軌道上にポールがあると思って振る

4.ティに当たったときと同様の感触だったら、ボールの行方を追ってみよう

5.まっすぐ30ヤードほど飛べばスイングの基本は完全にできあがり

下半身を折りたたんで 調節すれば楽に打てるんです

ひと口にクラブといっても種類はたくさんあり、長さもまちまちです。

 

ドライバーのように長いものとウ工ツジのような短いものでは、構える姿勢も変わってきます。

 

たとえば短いクラブで、上半身を倒して高さを合わせると、ボールに向かってつんのめった前傾姿勢になってしまいます。

 

そうなら什ゆいために、か5だを下げるときは、足首とひざを由げ、同時にお尻を突き出すように折りたたんでみましょう。

 

これで安定した立ち方を維持しながらかうだを下げられます。

 

最初は「同時に動かす」というのは難しいかもしれません。

 

そこで「自分のすぐ自の前に壁がある」というイメージでかうだを下げてください。

 

これなら頭、が前後にブレないため、スムーズに折りたたむととができるでしょう。

 

「足裏全体で安定して立ち、下半身を折りたたむ」とれだけできれば、スイングで重要な「アドレス」が完成するのです。

 

アドレスの入り方

 

適当なところで下半身を折りたたむだけでは、ポールとクラフの位置はきちんと合いません。

 

ですからアドレスでは、ついついボールの前にフェースを合わせてから姿勢をつくりがちですが、それではアドレスが乱れてしまいます。

 

そこでまず、ボール後方から打ちたい方向を確認。次にフェースをまっすぐに合わせ、からだを折りたたみます。

 

そして、そのままの姿勢でボールのある位置まで「歩いて移動Jするクセをつけておきましょう。

 

これでアドレスのできあがり。

 

あとはクラフの性能を活かしてスインクするだけです。

 

1.方向の錯覚にまどわされないように、ボールの後ろ方向を確認

2.フェースを持ち上げて、手の感触で確認しながらまっすくに合わせる

3.足首、ひざ、お尻を同時に折りたたみ、ヘッドとボール)~の高さを合わせていく

4.そのままの姿勢でポールの位置まで歩いて移動。これで正しいアドレスは完成