Entries Tagged as 'スイング'

はじめての練習場で困らないために

ゴルフに興昧を持ったら、さっそく練習場に行ってみましょう。

 

クラブを持っていない人でも、受付でレンタルしてくれるので、ポールを打つ気持ちよさを昧わうには最適です。

 

しかし、はじめて練習場に行くときは利用システムがわかす、とまどってしまうかもしれません。

 

そこで練習場に行く前に、システムを理解することで、無駄芯不安感を取り除いておきましょう。

 

とはいえ、最近の練習場はほとんどがブリペイドカード清算になっています。

 

最初にこれを自動販売機などで購入して受付に行き、打席を選ぶだけ芯ので、非常に簡単なんです。

 

1.プリベイドカード臆入
受付近くにカド販売機があるので、まずはカードを購入しよう。はじめてなら2∞o円のカードでも十分

 

2.チェックイン
受付で打席を決め、打席のナンバーカードを受け取る。最初は2階を借りると、地面の圧迫感がなく打てる

 

3.打席での準備
打席に入ったら機械にカードを挿入。すぐにボールが出てくるので、軽く準備運動をしてから打ち始めよう

 

4.チェックアウト
打ち終わったら、フロントにナンパカドを返却すればすへて終了

実はこれでスイング完成、打ってみましょう

ここで、これまでに紹介した感覚を踏まえてボールを打ってみましょう。

 

最初はティ打ち練習を活かして、ティにボールを乗せた(ティアップ)状態から打っとやりやすいでしょう。

 

クラブは片手、もしくはもう一方の手を軽く添えただけの両手持ちで構いません。

 

①後方かう打ちたい方向在確認
②ボールの前に立つ
③ジャンプで安定した立ち方をする
④フェースをまっすぐに合わせる
⑤下半身を折りたたんで高さを調節
⑥姿勢を維持したまま、ポルの位置まで歩いて移動
⑦ボールを意識せす、素振りと同じようにぶらーんスイング

 

何球か打つと「ボーン」と山なりの軌道を描いて、7番アイアンなう叩ヤードほど飛ぶと思います。じつはこのような軌道のボールを打てれば、スイングはすでに完成しているのです。

 

あとはクラブを大きく振るためのコツを覚えて、飛距離を伸ばすだけです。

 

慣れできたらスイングを徐々に大きくしよう

 

まっすぐ飛ばないときは、ぶらーんスイングで‘腕を振る感覚を磨いていけば、まっすぐ打てるようになります。

 

まっすく飛んだら、持ちやすいクリッフの握り方を覚え、より遠くへ飛ばすために振り幅を大きくしていけばいいだけです。

 

1.アドレスの入り方どおりに構える。ここでスレないように注意

2.ここでは速く振る必要はないので、ぷらんとゆったりを心力ずける

3.ティ打ちと同じく、たまたまスイングの軌道上にポールがあると思って振る

4.ティに当たったときと同様の感触だったら、ボールの行方を追ってみよう

5.まっすぐ30ヤードほど飛べばスイングの基本は完全にできあがり

下半身を折りたたんで 調節すれば楽に打てるんです

ひと口にクラブといっても種類はたくさんあり、長さもまちまちです。

 

ドライバーのように長いものとウ工ツジのような短いものでは、構える姿勢も変わってきます。

 

たとえば短いクラブで、上半身を倒して高さを合わせると、ボールに向かってつんのめった前傾姿勢になってしまいます。

 

そうなら什ゆいために、か5だを下げるときは、足首とひざを由げ、同時にお尻を突き出すように折りたたんでみましょう。

 

これで安定した立ち方を維持しながらかうだを下げられます。

 

最初は「同時に動かす」というのは難しいかもしれません。

 

そこで「自分のすぐ自の前に壁がある」というイメージでかうだを下げてください。

 

これなら頭、が前後にブレないため、スムーズに折りたたむととができるでしょう。

 

「足裏全体で安定して立ち、下半身を折りたたむ」とれだけできれば、スイングで重要な「アドレス」が完成するのです。

 

アドレスの入り方

 

適当なところで下半身を折りたたむだけでは、ポールとクラフの位置はきちんと合いません。

 

ですからアドレスでは、ついついボールの前にフェースを合わせてから姿勢をつくりがちですが、それではアドレスが乱れてしまいます。

 

そこでまず、ボール後方から打ちたい方向を確認。次にフェースをまっすぐに合わせ、からだを折りたたみます。

 

そして、そのままの姿勢でボールのある位置まで「歩いて移動Jするクセをつけておきましょう。

 

これでアドレスのできあがり。

 

あとはクラフの性能を活かしてスインクするだけです。

 

1.方向の錯覚にまどわされないように、ボールの後ろ方向を確認

2.フェースを持ち上げて、手の感触で確認しながらまっすくに合わせる

3.足首、ひざ、お尻を同時に折りたたみ、ヘッドとボール)~の高さを合わせていく

4.そのままの姿勢でポールの位置まで歩いて移動。これで正しいアドレスは完成

安定したショットは立ち方から始まり

ぶらーんスイングをしているときはいい姿勢なのに、一耳打ちを始めたとたん前傾姿勢になる人が大勢います。

 

目標を決めた瞬間に「当てなきゃ」という自然とからだに力が入ってしまうのでというのがくせもので、なにしろ動かした意識がないのですから、自分ではなかなか気づかないのです。

 

そこでここからは、スイングをするときの正しい姿勢をつくっていきましょう。

 

しかし、ただ構えの形を覚えただけでは自然と起こってしまうからだの動きにきづきません。

 

そこで、まずはどの動きをすればカラダが楽にスイングできるのかを体感してみましょう。

 

この感覚をつかんでおけば、からだに力が入って変な姿勢をとろうとしたときに、違和感がでます。

 

これで異常に気づけるようになるのです。

 

そのための第一歩として、まずは立ち方の感覚からつかんでいきましょう。

 

ぶらーんとスイングでヘッドの重みを手のひらで感じましょう

腕の振りがわかったら、次は両手でクラブを「ぶらーん、ぶらーん」と振りながら、感覚を磨いていきましよう。

 

 

腕の力を抜いて、ゆっくりと振り子のように「ぶらIん、ぶらIん」と振るだけです。

 

こうしていると、「ヘッドつでこれくらい重いんだ」 「ヘッドがいちばん下を通過するとき、これくらい速くなっていくんだ」

と、クラブの重みやヘッドの重心移動を感じられるはずです。

 

 

じつはこれが、ゴルフのスイングなんです。

 

 

いいスイングとは、クラブの特性を最大限に活かす一連の動きです。

 

 

それゆえ、クラブが与えてくれる感覚を身につけることは、正しいスイングに不可欠なんです。

 

 

 

力を抜いて振ると、クラブの重みで多少からだが左右に動きますが、それでいいんです。

 

 

とにかく力を抜いてスイングの感覚を身につけていきましよう。

 

 

 

簡単だけど重要な役割を持つ、これが「ぶらーん、ぶらーん」とクラブを振る。

 

 

ぶらーんスイング”です。

 

 

左手を添えたらうまくいかなくなった場合

 

 

いきなり両手で握るとよけいな力が入りやすくなります。

 

 

右手のスイングに慣れたら、次に左手だけで振って感覚をつかみましょう。

 

 

そこからいきなり両手に戻すのではなく、軽く指を3本添えるくらいで振ってみましょう。

 

 

そうして片手のときと同様の感覚で振れたら、次は軽く握る、と徐々に両手に慣れていくといいでしょう。

 

 

“ぶらーん”の感覚かっかめたら、「パチーン、パチーン」とリズムをとってゴム打ち練習

 

 

 

スイングの感覚がわかってきたら,紳溽場などにあるゴムでつくられたティにむかってぶらーんスイングをしてみまし

よう。

 

 

目標があるとそこを意識しすぎるの,’「スイングの軌道上にたまたまティがある」と思ってやるとうまくいきます。

 

 

千葉県の安いゴルフ場をお探しなら今すぐコチラ

 

 

 

 

腕を“ぶらーん”と振るのが まっずぐ飛ばす第一歩です

方向の錯覚がわかれば、あとはまっすぐクラブを振るだけです。

 

 

そうすれば、確実にまっすぐボールを飛ばせるようになります。

 

 

しかし、まっすぐクラブを振るためには、腕をまっすぐ「ぶらIん」と振らなければなりません。

 

 

「そんなの簡単でしよ?」と思うかもしれませんが、実際にやってみると、いきなりはできないものなんです。

 

 

そこでスイングの第一歩として、腕を振る感覚を知っておきましよう。

 

 

腕がまっすぐ振れるようになれば、クラブは腕の延長線。

 

 

それを意識するために、片手でクラブを持って「ぶら1ん」と軽く振ってみましよう。

 

 

簡単なことですが、これをやっておくことはスイングを覚えるうえでとても重要なんです。

 

 

振っていると、重さや速度によって位置が変化していることを感じられますよね。

 

 

このクラブの重みや重心の移動速度を、感じ覚えることで、スイングは飛躍的に上達するんです。

 

 

1.横を向いてボールを転がしてみる

 

最初は正面を向いてボールを転がし、まっすぐ転がったら次は真横を向いて転がしてください。

 

いきなりまっすぐ投げられる人は意外と少ないと思います。

 

まずはこの練習で「まっすぐ腕を振る」という感覚を知っておきましょう。

 

 

2.クラブを持って片手でぶらぶら振ってみる

 

腕を振り方がわかったら、次はクラブを持ち、ボール転がしの感覚で振るだけです。

 

クラブを持ったとたん、力を一レて振ってしまう人もいるので注意が必要です。

 

ボールを転がすときのように、腕をゆっくり柔らかく振るだけです。

 

クラグは腕の延長線と考え、ゴルフスイングは意識せずに腕を「ぶらーん」とさせてみましょう。

 

錯覚は目からだけでなく 意識からも起こるんです

まっすぐ振ればまっすぐ当たる。しかし、方向やフェースの錯覚に惑わされてしまうと、まっすぐ当たっでも狙った方向には行きません。

 

 

さらに、アドレスに入ってから目標を確認するときにからだごと前を向いてしまうと、両目の高さが変わるため正しく見ることができません。

 

 

また「まっすぐ打つ」という意識が強すぎると、フェースの錯覚に驅されやすくなります。

 

 

 

このようにゴルフの錯覚は、目だけでなく、意識にも潜んでいるのです。

 

 

ですからミスショツトをしたときは、自分のスイングを疑う前に、ます錯覚に惑わされていなかったかを疑うようにしましよIつ。

 

 

 

この錯覚を克服するには、ここで紹介する内容を常に信じることが大切です。

 

 

 

 「曲がって見えてもまっすぐだ」

 「頭だけを動かして方向を確認するのが正しい見え方だ」

 

 

 

これを信じることで、錯覚から解放され、スイングに集中できます。

 

 

過剰なまっすぐの意識がスイングを崩す

 

 

まっすぐを意識しすぎるとついついアドレスでフェースを動かしてしてしまいがちです。

 

 

フェースを閉じたほうがまっすぐになっている気がしますよね?

 

 

しかし,このように手もとを左足によせて構えてしまうと、そのぶんフェースが立って、ロフトトの意味がなくなってしまうので気をつけましょう。

 

 

ボールの見方にも注意しよう

 

目標を確認するときの見方も要注意。頭を下げたまま首をからだごと回した場合と、頭だけ動かして見た場合では目の位置が変わり、見え方も変わってしまいます。

 

 

特に前者では両目が水平になっていないため、目の錯覚が起こりやすい状態になります。

 

 

目標を確認する場合は必ず頭だけを動かして、両目を水平にして見るようにしましょう。

 

立ち位置とボール位置との誤差に惑わされないようにしましょう

フェースはまっすぐに合わせた。しかし、ボールは右に飛んでいった……。

 

 

ゴルフ経験者なら、だれしもこんな経験があると思います。

 

 

このとき「スイングが悪い」と思ってしまいそうですが、ほとんどの人はスイング以前にからだの向きが間違っているのです。

 

 

「自分の目で方向を確認したのだから、ズレているはずはない」、普通ならこう思いますよね?

 

 

そのため、この間違いになかなか気づけないのです。

 

 

練習場で、自分から目標まで、ボールから目標まで、と2本の線を引いてみると、ちょうどまっすぐに伸びた電車の線路のようになります。

 

 

このとき、注意して欲しいのがその幅。線路の幅は遠くに行くほど狭よって見え、狙った地点ではほぼ点になってしまうはずです。

 

 

しかしアドレスのときに、自分の立ち位置とボールの位置の差を気にしすぎると、必要以上にからだを右に向けて構えてしまうため、目標とは大きくズレたショットになってしまうのです。

 

 

150メートル先での1メートルの誤差はないに等しい

 

 

目先の短い距離であれば、ボールと目の位置の誤差は大きくなる。遠くを狙えば狙うほど、無視できるようになる。

 

 

線路のイメージで向きを合わせれば、その後はスイング前のボールと自分の距離以上広がることはありません。

 

 

つまり、1メートルくらいの誤差しか生まれないのです。

 

 

これくらいの差なら、ゴルフではないに等しい距離です。

 

 

上手な人はみんなドローボールを打っている?

 

 

これも錯覚です。他人のスイングはマナー上、左後方から見ます。

 

 

このときまっすぐに打ったボールの軌道は、写真のように落ち際から急激に左に曲がるドローボールに見えますっ機会があれば一度、真後ろから見てみましょう。

 

フェースの見え方にはだまされないようにしましょう

ゴルフに目の錯覚があることを体験してもらうために、フェースをまっすぐに合わせる方法を紹介します。

 

 

ますヘッドを胸のあたりまで持ち上げて、フェースをまっすぐに合わせてください。

 

 

そして、そのまままっすぐ下ろします。

 

 

これだけでフェースはまっすぐになっているんです。

 

 

実際にやってみるとわかりますが、フェースを徐々に下ろしていくと、なんとなくまっすぐではないような気がしてくるのです。

 

 

これが錯覚です。

 

 

これに気づかす、見た目だけでボールに合わせてフェースを決めてしまうと、打つときに方向がズレでしまうのです。

 

 

多くの人がこの錯覚に気づかす、狙っている方向にフェースを向けずにスイングした結果、ミスショットになるのです。

 

 

シャツを着るときに最初のボタンを掛け違えているのと同じで、この状態でスイングをいじってみても無駄な努力となってしまいます。

 

 

曲かって見えても「これがまっすぐ」と覚えておきましよう。

 

 

 

ゴルフの「まっすぐ」とデニスの「まっすぐ」の違い

 

 

クラブヘッドは,ラケットを曲げて、さらにひねって角度をつけた形になっています。

 

 

これだけの違いがあるのですからまずはこの「フェーズのまっすぐ」になれましょう。

 

 

クラブを上下させてヘッドの重みを覚えましょう。

 

 

視覚に頼らずフェースのまっすぐを感覚で身につけるために、腰の高さでクラブを上下に振ってみましょう。

 

 

フェースがまっすぐ向いていれば、軽く握っていても左右にブレることはないでしょう。

 

 

感覚の差を体験するために、フェースの向きを左右に傾けて試してみましょう。

 
ゴルフクラブを売るなら【なんでも買取キャンペーン中】ゴルフクラブなんでも買取キャンペーン。キレイなクラブは1点1000円以上保証。どんなに古くても1点100円以上で買取中。

 

 

ゴルフスイング以前に3つの基本を覚えましょう

ゴルフにはゴルフ独特の罠がある!それに引っかからないために、まずはゴルフと他のスポーツの相違点を理解して「スイング以前の3つのきほん」を覚えていこう!!

 

 

ゴルフのスイングは目標に対して真横を向いているため、一見するとテニスや野球と似ています。

 

 

しかしそれらの球技では、ボールを打つ前にからだを前方に向け始めます。

 

 

これに対してゴルフは、インパクトの瞬間まで目標に対して真横を向いています。

 

 

これがゴルフ独自の特徴で、色々なスポーツを経験してきた人でも、この真横を向いたままスイングすることで生じる、さまざまな罠に引つ

かかってしまうのです。

 

 

特に、日常生活でやったことのない動きや物の見方は、どんなに説明されたとしてもなかなか自分のものにはなりません。

 

 

自分のからだを動かしたときの「感覚」を知ることで、はじめて動きの理屈や意味がわかるのです。

 

 

そこで、

 

 

①方向の錯覚

②ヘッドの重み

③からだの使い方

 

 

この3つをスイング以前に、からだに覚えさせていきましよう。

 

 

①方向の錯覚

目は知らず知らず錯覚を起こします。

だれもがしっていることですが、ゴルフでもおこっていることはあまり知られていません。

錯覚のせいで狙いとは違う方向にカラダを向けていたり、フェースを向けていたりするので、惑わされないように気をつけましょう。

 

 

②ヘッドの重み

バットやテニスラケットならグリップの延長線上に重心がありますが、クラブの重心はヘッドにあり、グリップの延長線上にありません。

つまりバットやラケットを振る感覚でクラブを振っても、いいスイングはできないのです。

本格的なスイングを覚える前にヘッドの重みと重心の感覚を身につけましょう。

 

 

 

③カラダの使い方

スイングに力は必要ありません。

大事なのは「無理せずリラックスしてクラブを振る」ということです。

しかし、からだの使い方を覚えておかないと、どうしてもどこかに力が入ってぎこちないスイングになってしまうものです。

早い段階で、無理のないカラダの動かし方を知っておきましょう。