錯覚は目からだけでなく 意識からも起こるんです

まっすぐ振ればまっすぐ当たる。しかし、方向やフェースの錯覚に惑わされてしまうと、まっすぐ当たっでも狙った方向には行きません。

 

 

さらに、アドレスに入ってから目標を確認するときにからだごと前を向いてしまうと、両目の高さが変わるため正しく見ることができません。

 

 

また「まっすぐ打つ」という意識が強すぎると、フェースの錯覚に驅されやすくなります。

 

 

 

このようにゴルフの錯覚は、目だけでなく、意識にも潜んでいるのです。

 

 

ですからミスショツトをしたときは、自分のスイングを疑う前に、ます錯覚に惑わされていなかったかを疑うようにしましよIつ。

 

 

 

この錯覚を克服するには、ここで紹介する内容を常に信じることが大切です。

 

 

 

 「曲がって見えてもまっすぐだ」

 「頭だけを動かして方向を確認するのが正しい見え方だ」

 

 

 

これを信じることで、錯覚から解放され、スイングに集中できます。

 

 

過剰なまっすぐの意識がスイングを崩す

 

 

まっすぐを意識しすぎるとついついアドレスでフェースを動かしてしてしまいがちです。

 

 

フェースを閉じたほうがまっすぐになっている気がしますよね?

 

 

しかし,このように手もとを左足によせて構えてしまうと、そのぶんフェースが立って、ロフトトの意味がなくなってしまうので気をつけましょう。

 

 

ボールの見方にも注意しよう

 

目標を確認するときの見方も要注意。頭を下げたまま首をからだごと回した場合と、頭だけ動かして見た場合では目の位置が変わり、見え方も変わってしまいます。

 

 

特に前者では両目が水平になっていないため、目の錯覚が起こりやすい状態になります。

 

 

目標を確認する場合は必ず頭だけを動かして、両目を水平にして見るようにしましょう。

 

Discussion Area - Leave a Comment




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>