腕を“ぶらーん”と振るのが まっずぐ飛ばす第一歩です

方向の錯覚がわかれば、あとはまっすぐクラブを振るだけです。

 

 

そうすれば、確実にまっすぐボールを飛ばせるようになります。

 

 

しかし、まっすぐクラブを振るためには、腕をまっすぐ「ぶらIん」と振らなければなりません。

 

 

「そんなの簡単でしよ?」と思うかもしれませんが、実際にやってみると、いきなりはできないものなんです。

 

 

そこでスイングの第一歩として、腕を振る感覚を知っておきましよう。

 

 

腕がまっすぐ振れるようになれば、クラブは腕の延長線。

 

 

それを意識するために、片手でクラブを持って「ぶら1ん」と軽く振ってみましよう。

 

 

簡単なことですが、これをやっておくことはスイングを覚えるうえでとても重要なんです。

 

 

振っていると、重さや速度によって位置が変化していることを感じられますよね。

 

 

このクラブの重みや重心の移動速度を、感じ覚えることで、スイングは飛躍的に上達するんです。

 

 

1.横を向いてボールを転がしてみる

 

最初は正面を向いてボールを転がし、まっすぐ転がったら次は真横を向いて転がしてください。

 

いきなりまっすぐ投げられる人は意外と少ないと思います。

 

まずはこの練習で「まっすぐ腕を振る」という感覚を知っておきましょう。

 

 

2.クラブを持って片手でぶらぶら振ってみる

 

腕を振り方がわかったら、次はクラブを持ち、ボール転がしの感覚で振るだけです。

 

クラブを持ったとたん、力を一レて振ってしまう人もいるので注意が必要です。

 

ボールを転がすときのように、腕をゆっくり柔らかく振るだけです。

 

クラグは腕の延長線と考え、ゴルフスイングは意識せずに腕を「ぶらーん」とさせてみましょう。

 

Discussion Area - Leave a Comment




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>