ぶらーんとスイングでヘッドの重みを手のひらで感じましょう

腕の振りがわかったら、次は両手でクラブを「ぶらーん、ぶらーん」と振りながら、感覚を磨いていきましよう。

 

 

腕の力を抜いて、ゆっくりと振り子のように「ぶらIん、ぶらIん」と振るだけです。

 

こうしていると、「ヘッドつでこれくらい重いんだ」 「ヘッドがいちばん下を通過するとき、これくらい速くなっていくんだ」

と、クラブの重みやヘッドの重心移動を感じられるはずです。

 

 

じつはこれが、ゴルフのスイングなんです。

 

 

いいスイングとは、クラブの特性を最大限に活かす一連の動きです。

 

 

それゆえ、クラブが与えてくれる感覚を身につけることは、正しいスイングに不可欠なんです。

 

 

 

力を抜いて振ると、クラブの重みで多少からだが左右に動きますが、それでいいんです。

 

 

とにかく力を抜いてスイングの感覚を身につけていきましよう。

 

 

 

簡単だけど重要な役割を持つ、これが「ぶらーん、ぶらーん」とクラブを振る。

 

 

ぶらーんスイング”です。

 

 

左手を添えたらうまくいかなくなった場合

 

 

いきなり両手で握るとよけいな力が入りやすくなります。

 

 

右手のスイングに慣れたら、次に左手だけで振って感覚をつかみましょう。

 

 

そこからいきなり両手に戻すのではなく、軽く指を3本添えるくらいで振ってみましょう。

 

 

そうして片手のときと同様の感覚で振れたら、次は軽く握る、と徐々に両手に慣れていくといいでしょう。

 

 

“ぶらーん”の感覚かっかめたら、「パチーン、パチーン」とリズムをとってゴム打ち練習

 

 

 

スイングの感覚がわかってきたら,紳溽場などにあるゴムでつくられたティにむかってぶらーんスイングをしてみまし

よう。

 

 

目標があるとそこを意識しすぎるの,’「スイングの軌道上にたまたまティがある」と思ってやるとうまくいきます。

 

 

千葉県の安いゴルフ場をお探しなら今すぐコチラ

 

 

 

 

Discussion Area - Leave a Comment




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>