ゴルフスイング以前に3つの基本を覚えましょう

ゴルフにはゴルフ独特の罠がある!それに引っかからないために、まずはゴルフと他のスポーツの相違点を理解して「スイング以前の3つのきほん」を覚えていこう!!

 

 

ゴルフのスイングは目標に対して真横を向いているため、一見するとテニスや野球と似ています。

 

 

しかしそれらの球技では、ボールを打つ前にからだを前方に向け始めます。

 

 

これに対してゴルフは、インパクトの瞬間まで目標に対して真横を向いています。

 

 

これがゴルフ独自の特徴で、色々なスポーツを経験してきた人でも、この真横を向いたままスイングすることで生じる、さまざまな罠に引つ

かかってしまうのです。

 

 

特に、日常生活でやったことのない動きや物の見方は、どんなに説明されたとしてもなかなか自分のものにはなりません。

 

 

自分のからだを動かしたときの「感覚」を知ることで、はじめて動きの理屈や意味がわかるのです。

 

 

そこで、

 

 

①方向の錯覚

②ヘッドの重み

③からだの使い方

 

 

この3つをスイング以前に、からだに覚えさせていきましよう。

 

 

①方向の錯覚

目は知らず知らず錯覚を起こします。

だれもがしっていることですが、ゴルフでもおこっていることはあまり知られていません。

錯覚のせいで狙いとは違う方向にカラダを向けていたり、フェースを向けていたりするので、惑わされないように気をつけましょう。

 

 

②ヘッドの重み

バットやテニスラケットならグリップの延長線上に重心がありますが、クラブの重心はヘッドにあり、グリップの延長線上にありません。

つまりバットやラケットを振る感覚でクラブを振っても、いいスイングはできないのです。

本格的なスイングを覚える前にヘッドの重みと重心の感覚を身につけましょう。

 

 

 

③カラダの使い方

スイングに力は必要ありません。

大事なのは「無理せずリラックスしてクラブを振る」ということです。

しかし、からだの使い方を覚えておかないと、どうしてもどこかに力が入ってぎこちないスイングになってしまうものです。

早い段階で、無理のないカラダの動かし方を知っておきましょう。

 

 

Discussion Area - Leave a Comment




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>