立ち位置とボール位置との誤差に惑わされないようにしましょう

フェースはまっすぐに合わせた。しかし、ボールは右に飛んでいった……。

 

 

ゴルフ経験者なら、だれしもこんな経験があると思います。

 

 

このとき「スイングが悪い」と思ってしまいそうですが、ほとんどの人はスイング以前にからだの向きが間違っているのです。

 

 

「自分の目で方向を確認したのだから、ズレているはずはない」、普通ならこう思いますよね?

 

 

そのため、この間違いになかなか気づけないのです。

 

 

練習場で、自分から目標まで、ボールから目標まで、と2本の線を引いてみると、ちょうどまっすぐに伸びた電車の線路のようになります。

 

 

このとき、注意して欲しいのがその幅。線路の幅は遠くに行くほど狭よって見え、狙った地点ではほぼ点になってしまうはずです。

 

 

しかしアドレスのときに、自分の立ち位置とボールの位置の差を気にしすぎると、必要以上にからだを右に向けて構えてしまうため、目標とは大きくズレたショットになってしまうのです。

 

 

150メートル先での1メートルの誤差はないに等しい

 

 

目先の短い距離であれば、ボールと目の位置の誤差は大きくなる。遠くを狙えば狙うほど、無視できるようになる。

 

 

線路のイメージで向きを合わせれば、その後はスイング前のボールと自分の距離以上広がることはありません。

 

 

つまり、1メートルくらいの誤差しか生まれないのです。

 

 

これくらいの差なら、ゴルフではないに等しい距離です。

 

 

上手な人はみんなドローボールを打っている?

 

 

これも錯覚です。他人のスイングはマナー上、左後方から見ます。

 

 

このときまっすぐに打ったボールの軌道は、写真のように落ち際から急激に左に曲がるドローボールに見えますっ機会があれば一度、真後ろから見てみましょう。

 

Discussion Area - Leave a Comment




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>